謎モジュール「060-6022-00」の解析

 
謎モジュールです。
手に入れてしまったからには解析します。



内部写真です。
三菱の DC-DC コントローラ M62212 と日立の 74HC74 が使われています。
ピンは奥から 1, …, 7 と振ることにします。

 
簡単に回路を起こしてみました。
ブーストコンバータ+トランス昇圧の2段構成です。
こちらのブログの情報によると、出力トランスの昇圧比は 14.4 倍 (sqrt(22.1/0.107)) のようです。
M62212 の VFB から計算すると、3 ピンに出力される中間電圧は 46.7V となります。
回路構成から、入力電圧は 9V ~ 12V 程度のようです。
3 ピン出力の先には平滑コンデンサが接続されるべきです。

計算上 5 ~ 7 ピン出力は 700V 弱の交流となるはずです。
外部で平滑するなりして利用していたのでしょうか?
真空管にしては電圧が高いし、何の装置に使われるための物だったのでしょう?

82 Ω でカットアウトして、12V – 50V DC-DC として使うのがよさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です