ニキシー管テスタのその後

以前紹介していた TR-6364 マルチメータですが、
電源ケーブル欠品という問題がありました。

特殊な規格のコネクタのようで、どうしてもケーブルが手に入らなかったので、

写真のように、普通のメガネコネクタに付け替えてしまいました。
(ちなみにこれはマルツで購入したもの)

これで、電池動作に加えて、内蔵トランスからの動作ができるようになりました。
電池動作との動作の違いは、内部動作が電池電圧直結から安定化 +15V になることで、
これにより
・AC-DC 変換部分オフセットの安定化
・内部 DC コンバータのピー音の解消
などのメリットがありました。


実は半年前に改造・調整していたのですが、
今動かしても ACV レンジでちゃんと 0 が出ます。
よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です