DSP-444 の I2C テスト その2

ある程度実用的になったので DSP-444 ラジオの I2C テストの回路図とソースコードを公開します。

I2C で操作しているのは
・受信周波数の取得
・FM/AM/SW、受信バンドの選択
・音声出力の位相(デフォルトがLR反転なので、イヤホンで聞くためには設定が必要)
の3点です。

現時点でI2C での選局の方法はわかりません(対応するレジスタを設定しても変化なし)ので、ダイヤルによる設定としています。
適合するバリコンつまみを持っていないので、可変抵抗で選局するよう改造しています。
ここまで改造するならもう別のモジュールを使った方がいいような気もします。

表示器には hp の HPDL-1414 を使っています。この表示器はアルファベットも表示できるので、放送局のコールサインでも表示できるようにしようと思っています。
写真のように FM 補完放送も受信できます。


回路図

ソースコード (gcc)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です