3Dプリンタで半固定抵抗のつまみを作る

試作品の動作中に半固定抵抗を調整するとき、毎回ドライバを差し込んで・・・というのはいかにも操作性が悪く、ダイヤル式のつまみがほしい。
もちろんつまみ付きの基板取り付け型 VR は存在しますが、入手しづらかったりサイズが大きかったり、何かと使いづらいのです。

そんなわけで、下図のような半固定抵抗用つまみのモデルを 3DCAD で作り、先日買った 3D プリンタで印刷します。
うちに大量ストックしている NOBLE の VM6CK という VR がおあつらえ向けの形状(摺動子と連動する円形カバー、太く深いドライバ溝)だったので、それにマッチするようモデリングしています。

プリントするとこんな感じ。

便利に使えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です